鬱を診断する方法|症状を把握しておくべし

早めの対応が必要です

男性

周囲の理解も必要

高度な情報化社会では人間関係が複雑化し、誰もがストレスを感じながら生活しています。携帯電話等が広く普及することで、状況の変化は更に加速しています。ストレスは職場や家庭といった日常の中にもあります。ストレスと上手く付き合えればよいのですが、その様な人ばかりではないのが現実です。気が付いた時にはストレスによる体調不良を感じているという人が大勢います。頭痛や吐き気、睡眠障害等の様々な症状を伴いながら長期間生活している人もいます。心の病は真面目で几帳面な人や完璧さを求める人が罹りやすいと言われていますが、外見からは診断できないケースも少なくありません。特に不眠症では翌日の仕事に影響が出る様になると自信を失い、更に症状が悪化してきます。この様な症状は本人が自覚できない場合もあります。できるだけ早く回復させるには、周囲の人の理解や協力が不可欠でしょう。症状に対して誤った判断をしてしまい、対応が遅れると社会復帰までの期間が長引く事になります。ストレスによる様々な体の変調を長期間放置していると、鬱病等の精神疾患になってしまう事があります。安易に判断せず、適切な診断が必要です。心の病を患っている人には専門医による適切な治療が必要です。心の病を扱うのは一般的に精神科や心療内科等の医療機関です。鬱病や統合失調症等は精神疾患としての治療が必要です。一方、心療内科では心身症等の身体的な不調を中心として治療する場所です。自分の症状に合う場所を利用するのが最適です。しかし素人が鬱病なのか、心身症なのかを診断するのは殆ど不可能です。精神科や心療内科の看板を掲げる病院は数多くあります。心の病を患う人への偏見は減ったものの、これ等の医療機関を利用する事に躊躇いを感じる人もいます。迷っているよりも、まずはかかりつけの内科を訪れてみるのも良い方法です。内科の医師による診断で、必要があれば精神科や心療内科への紹介をしてもらえます。鬱病も心身症も、治療方法としては薬物療法が中心となります。向精神薬や抗鬱薬、睡眠薬等を個々に応じて処方します。これ等の薬は効果を得るまでにある程度の期間が必要です。更に減らす場合にも医師による適切な判断が必要なので、医師の指導をしっかり守りながら治療を受ける事が重要でしょう。更に認知行動療法等の心理療法や臨床心理士によるカウセリングが受けられます。中でもカウンセリングは絡み合った複数の原因を解くきっかけになる場合もあります。そして心の病は完治するまでに長い期間を必要とします。医師や臨床心理士との相性も少なからず影響する事もあります。症状に回復の兆しが見られない場合は、治療施設を変えてみる事も必要でしょう。