鬱を診断する方法|症状を把握しておくべし

より良い治療のために

相談

心の病気ゆえの難しさ

人によって症状が異なる鬱病は、心療内科や精神科の専門医ですら、診断は難しいといわれています。鬱病であるか否かは、患者の症状を聞いて判断するという方法が取られるので、医師に正しく診断してもらうためには、自分の症状を適確に伝えることが必要だといえます。心や体の不調を事細かく伝えることもできますが、どう伝えたらいいのかわからないという人は、診断シートを利用しましょう。インターネット上の鬱病に関連するホームページには、大抵、鬱病であるか否かを自分で調べられる診断シートが掲載されています。どれも無料で利用できるものばかりなので、まずはセルフチェックしてみましょう。診断シートは、いくつかの項目に分かれていて、症状が自分とマッチしているか確認するだけです。プリントアウトすればそのまま心療内科や精神科に持って行って、専門医に見せることができるので、上手く症状を伝えられる自信がないという人は活用すると良いでしょう。診察を受けたい病院が決まっている場合には、まずは病院のホームページを覗いてみましょう。心療内科や精神科を構えている病院では、診断シートを掲載しているところも少なくないので、病院独自のシートで診断した方が医師に伝わりやすいです。診断シートは団体によって内容は異なりますが、鬱病患者に共通する項目が多く載っているので、一枚だけでなく複数の診断シートでチェックしてみるというのもひとつの手です。診断シートは信頼できるものですが、人によって症状が異なる鬱病では、必ずしも診断シートの結果が全てだとは限りません。シート上では問題無いと判断できても、実は鬱病を発症している可能性はあるので、内科や耳鼻科、消化器科など、他の専門科で検査しても原因が判明しない症状を抱えている人は、一度心療内科や精神科に相談してみると良いでしょう。鬱病を発症すると、気分の落ち込みや睡眠障害、集中力の低下などの症状が現れます。他にも、拒食や過食など、一見鬱病とは無縁に見えそうな症状も多く、時には腰痛や目眩、呼吸困難なども引き起こします。悪化すれば妄想や不安に取りつかれ、自殺を計ろうとすることもあるので、少しでも鬱病の兆候が現れたら、早期段階で手を打たなければなりません。鬱病は、自然に治癒するという可能性は低い病気であり、治療には薬剤が用いられます。薬剤は、心療内科や精神科で受診することによって手に入りますが、即効性はありません。根気よく飲み続けることでゆっくりと効果が現れるものなので、諦めずに完治するまで飲み続けましょう。とはいえ、心が塞ぎこんでいる状態で薬を飲み続けることは簡単ではありません。そこで、家族に協力してもらって、自分が薬を飲み続けるよう促してもらいましょう。鬱病はまじめな人や我慢強い人がかかりやすい病気だといわれています。長年の頑張りがたたって引き起こされる病気なので、今回は周囲に素直に打ち明けて、積極的にサポートを求めましょう。